令嬢探偵 オフィスラブ事件簿
INFORMATION STORY CHARACTERS SYSTEM ABOUT DOWNLOAD TOP
STORY

小さい頃からずっと、 エスカレーター式の女子高に通っていた。
勉強も部活も興味深かったけれど、のんびりとした退屈な日常……
そんな高校時代、とっても素敵な人に出会った。

倉橋由佳里……お姉さま。
大学も同じ聖アグネス女子大学で、 たくさんの面白い本を教えてもらった。
忘れられない楽しい日々。でも、そのお姉さまも、卒業して、とある商社に就職してしまった。

私も追いかけるように、その商社を受け、内定。喜びの報告をした時、お姉さまが笑いながらこう言った。

「でも、私、すぐに寿退職かも」

驚いた私が思わず口にしたのは、
 「せっかくお姉さまと毎日一緒に
         過ごせると思ったのに......」

という不満に満ちた一言だった。
我ながら本当に自分勝手だったと思う。
でも、お姉さまは優しく微笑んで、
そして、耳元でこう囁いた。

「今にあなたにもわかるわ。素敵な恋をしたら......ね?」
そう言われて、なんだか妙にあせった気持ちになったのを覚えている。
そんな風に断言できるくらい素敵な恋、私にも出来るのだろうか......と。
留学先から帰って、突然のニュースに打ちのめされた。

お姉さまが......自殺?
そんな筈がない、つい先日まであれほど幸せそうだったお姉さまが......

事の真相を確かめるため、
私は今日、お姉さまと同じ会社に同じ秘書として勤めることとなる。
Copyright (c) D3 PUBLISHER INC. ALL rights reserved.
CLOSE令嬢探偵 オフィスラブ事件慕D3パブリッシャーTOMCAT SYSTEM