ゲームシステム:『暴走』/ゾンビの返り血を浴び、穢れゲージが溜まると主人公たちは暴走状態になる。暴走状態は、攻撃力やスピードが上昇する反面、体力が徐々に減少するというリスクを伴う。アイテムで暴走を抑えることもできるが、暴走のリスクを受け入れ、状態をコントロールしつつ困難な敵に打ち勝つことが、お姉チャンバラの本当の醍醐味である。ゲームシステム:『COOL コンビネーション』/シリーズの華であるCOOLコンビネーションは、敵への攻撃を繋ぐことで強力な技へと発展していく。COOLコンビネーションは、連続ヒット数、連絶数(連続して敵を倒した数)とともにカウントされ、敵に攻撃を叩き込めば叩き込むほど、爽快感と得られるテクニカルランクも上昇する。ゲームシステム:『エクスタシーコンビネーション』/敵への攻撃によってエクスタシーゲージが蓄積される。ゲージは、三段階あり、一段ずつ消費することで強力な攻撃を放つことができる。文字通り、一撃必殺である。ゲームシステム:『オービタルエクスタシー』/体力の上限を1つ削ることで幻影を発生させ、武器のヒット回数を加算していく技。体力ゲージのある限り追加発動が可能だが、暴走同様にリスクが伴う技である。ゲームシステム:『マニュフェスト』/ミッションにはクリア条件とは別の達成項目としてマニュフェストが設定されている。マニュフェストの内容は必ずしも達成する必要はないが、ハードルの高い条件をクリアすることで通常では得られない武器やアイテムが獲得できる。ゲームシステム:『武器』/本作に登場する武器は300種類以上。武器は、ゾンビを倒すことで得られるオーブやミッションのクリアボーナスなど様々なシチュエーションで入手することができる。武器を収集し、属性を持つ武器や攻撃力の高い武器を掛け合わせ、自分なりの1本を作り出すことも本作の楽しみのひとつである。