地球防衛軍5

SOUND OFF

IMMIGRANT 異星文明イミグラント

侵略性外来生物α

我々がイミグラントと呼称する異星文明によって、持ち込まれた地球外生物。
在来生物への高い攻撃性が確認されていることから、
正式呼称を「侵略性外来生物α」(短縮呼称「侵略生物α」)とする。
全長約11メートル。象のような巨体にもかかわらず、驚くほど俊敏である。
垂直の壁を登ることが可能で、しかもその際に速度をおとすことがない。
攻撃の際には大きな牙が武器となるが、さらに恐ろしいのは強酸を放出する能力である。
酸は100メートルほどの距離まで放出され、金属を数秒で融解することが確認された。

なお、酸は体内で生成されていると思われるが、通常の体液からは酸性、毒性は検出されてない。
銃弾が命中した際に体液が飛び散る現象が見られるが、それを浴びることに危険性はないと思われる。
(駆除にあたった数名が、体液を浴びた事例があるが、現在までのところ体調の異常は報告されていない)

侵略性外来生物β

「侵略性外来生物β」(短縮呼称「侵略生物β」)と呼称する。
αに比べ、俊敏さが大きく劣っていることが確認された。
そのため、容易に駆除が可能であると思われたが、
交戦した部隊の被害は大きく、高い戦闘能力を有しているようである。

侵略性外来生物α  赤色種

侵略生物αの亜種であると考えられる。体長が大きく、硬い甲殻に包まれている。
銃弾すらはじくことがあるため、駆除するには高い火力が必要であろう。
しかし、酸を射出する能力はなく、戦術によっては安全な駆除が可能だと思われる。

テレポーション・アンカー

物質転送装置だと推測される。周囲からα型、β型の侵略生物出現が確認されている。
出現した侵略生物が「戻った」という報告がないことから、おそらくは受信専用、
すなわち一方通行の出口を作り出す装置だと考えられる。
出現する侵略生物がどこからやってくるのかは、現在のところわかっていない。
装置を回収し、原理の解明が必要であるが、
しかし稼働している装置を放置するのはあまりにも危険である。
現状では発見次第、迅速に、手段を問わず作動を停止させなければならない。
装置のコアとなるパーツが上部に確認されており、
その部分を破壊することで完全停止させることができると思われる。

バトル・ドローン

飛行能力を有する無人戦闘兵器。全長約15メートル。
自律行動しているのか、何らかのコントロールを受けているのかは、わかっていない。
確認された数は、現在のところ数千機。
飛来が確認されている地域は、世界中に及ぶ。
だが、100機以上の編隊が確認された地域が、都市部、またはその周辺に集中していることから、
明確に人類文明を攻撃する意図を持って運用されていると考えられる。

テレポーション・シップ

大型宇宙船。
武装は確認されていないが、船体の表面がバリアのようなもので覆われており、撃墜は困難である。
今、我々が重要視しなくてはならないのは、
何らかの方法でテレポーション・シップを撃墜することであろう。
人類が最初の攻撃を受けた際、この船が都市部の上空に飛来。
侵略生物を投下して、甚大な被害をもたらした。
当初、輸送船ではないかと思われたものの、体積以上の侵略生物を投下することから、
おそらく塔のような装置(テレポーション・アンカーと呼称)と同種の「物質転送システム」を搭載していると推測される。(我々は、この物質転送の仕組みを「テレポーション」と呼称しているが、今のところ作動原理は解明されていない)
侵略生物の増加を食い止める、ことが現在の最優先課題であることから、
早期に撃墜作戦を立案することが求められる。

ランディング・シップ

イミグラントの装甲飛行船。
複数のヒューマノイド型エイリアンを搭乗させていることが確認された。
おそらく、彼らを上陸させるための揚陸艦であると考えられる。
これまで撃墜例はなく、バリアのようなもので守られているようである。
これはヒューマノイド型エイリアンを守り、安全に地球上に降ろすための機能であると推測される(このことからも、この船は揚陸艦であると考えられる)。
武装は現在のところ確認されていない。
大気圏外での目撃例がないことから、宇宙での航行は不可能であると思われる。

コロニスト

ヒューマノイド型エイリアン。
巨大であることを除けば、人類に酷似した姿、能力を持った生命体。
地球の大気での呼吸が可能であることなど、環境への適応を見せていることも、
人類との酷似点の一つであろう。
さらに、人類と同等の知性を持つことも確認されている。
地球への上陸数はすでに1000を越えており、コロニーを形成しつつあることが報告されている。

コスモノーツ

追加情報更新

人型ロボットだと思われたコスモノーツの頭部の破壊に成功。
しかし、破壊されたのは装甲のみで、
中には恐ろしい形相の異星生命体の顔面が現れたのだ。

その正体は、高度な知性を持った巨大なグレイ型宇宙人。
コロニスト以上の知性と戦闘能力をもったイミグラントの正体である可能性が高い。

以前の調査内容

非常に高い戦闘能力を持つ人型ロボットだと思われる未確認の敵。
最新の報告では、言語のようなものを喋るとの目撃例が挙げられているため、
引き続きの調査が必要である。

怪生物エルギヌス

古代の恐竜のような姿をした超巨大生物。
イミグラントによって地球に運ばれたと推測される。
地球外生物であるのか、あるいはイミグラントの生物兵器なのか、現在のところ不明である。
詳しい生態もわかっていない。

無数に運ばれる侵略生物と違い、現在のところ確認された個体数は1。
しかし、これまで数度に渡って、銃撃、砲撃がおこなわれたが、致命傷を与えるには至っていない。
このことから、たった1体でありながらも、我々にとって大きな脅威だといえる。
早急な攻撃作戦立案が求められる。

怪生物アーケルス

エルギヌスに次いで確認された超巨大生物。
エルギヌスよりもさらに高い生命力を持つと推測される。
残念ながら、現在アーケルスに有効な兵器は見つかっていない。

アーケルスは身体を丸めて回転しながら、
地上のあらゆるものを破壊する恐ろしい攻撃を繰り出すことができる。

また、初回の戦闘において、背部より、燃える岩石上物体を放出する姿が目撃された。
このことから炎を発するほど高温の物質を体内に蓄えていると思われる。
このような生物は地球上に存在せず、我々の常識では考えられないことである。